青少年育成プログラム

1.2017年フランス武徳祭・国際青少年武徳祭 市庁舎表敬訪問(渡仏前と後)

門川大作京都市長・正守和道塾・市庁舎内

淺利敬一郎豊中元市長・至誠館・市庁舎内

和田愼司小松市長・こばと修童館・市庁舎内

 

2.フランス武徳祭・国際青少年武徳祭 写真集(2017.10秋季号より)

クレルモンフェラン観光視察写真
植樹式
国際青少年武徳祭写真
さよならパーティー写真
リヨン周辺観光視察写真

 

3.全国青少年武徳祭 写真集

2018年 第23回全国青少年武徳祭

(写真クリックで拡大写真がご覧いただけます)

 

2017年 第22回全国青少年武徳祭 

2015年 第21回全国青少年武徳祭 

 

4.フランス武徳祭・国際青少年武徳祭  趣旨、目的と作文

趣旨

1907年に日仏協定がフランスと日本国の友好親善を誓って締結され、2017年はその条約が締結されて110周年の節目になります。この歴史的で重要な二国間の絆をさらに促進させる為に、本会はフランスのクレルモンフェラン市に60本の吉野桜を植樹して桜プロムナードを造園すると共に国際平和祈願と日仏間友好の恒久的なシンボルとして記念石碑を設置します。このDNBK桜公園は日仏修好通商条約が1858年に締結されて159年となる事から日本とフランス二国間の友好親善を促進させる重要な役割を果たす事と確信します。これらの歴史的背景からフランス武徳祭を開催し20か国の国際部会員が集う日本伝統武道の演武大会を実施します。

さらに世界の未来は青少年の育成にかかっております。その意味で国際的なレベルで武道を通じた青少年交流を実施することは大変重要な意義があります。
2007年アメリカで開催された第1回世界青少年武徳祭に続いて2011年に第二回青少年武徳祭並びにカナダ武徳祭がカナダ・キングストン市おいて盛大に開催されました。2013年には英国ロンドンにおいて英国武徳祭と同時に第3回国際青少年武徳祭が開催されました。今回フランスのクレルモンフェラン市において第4回国際青少年武徳祭を開催し有意義な武道国際交流と文化教育交流が繰り広げられる事を期待します。さらに日本の青少年はフランスの家庭にホーム・スティーをする機会が与えられ、有意義な国際文化体験をする機会が与えられます。過去の青少年交流成果を振り返る時、彼らの受けた純粋な感動とそこで生まれた友愛や尊敬が今も大きな精神的インパクトとして現在も残っております。武道を通じて青少年育成を図り国際理解と親善に貢献することは一般社団法人大日本武徳会の大きなビジョンの一つであります。今回のフランスにおける大会行事がその期待に応えてさらに大きな飛躍をする機会を与えるものと確信します。参加者全員がこの機会を通じ各国の青少年と一層親睦を深め、相互理解の促進と国際平和に貢献すると共に武徳の精神を養い日頃の鍛錬の真価が存分に発揮されることを大いに期待したいと思います。

目的

  • 伝統的な武道交流を通じて相互理解の促進と国際平和に貢献する為、フランス武徳祭と青少年武徳祭を実施する
  • 日本の青少年はホーム・スティー体験を通じてフランスの文化をよく理解し、同時に日本文化大使として日本文化の紹介もすること
  • 大人の武道家には日本の古武道の総合的な理解をさらに促進する為、武道講習会を実施する
  • 2017年は歴史的に日仏協定締結110周年記念になり、さらに日仏修好通商条約159周年となることからそれにふさわしい日仏友好親善の企画を実施する。吉野桜をクレルモンフェラン市公園に植樹して桜並木プロムナードを完成し、国際平和を祈願するために記念石碑を設置する
  • フランスが誇る歴史や文化を観賞すると共に、武道を通じた日本の伝統文化の素晴らしさを広く促進させる

作文集

フランス武徳祭
作文

 

5.全国青少年武徳祭 作文集

2018年第23回全国青少年武徳祭 2018.10 秋季号

プログラム表紙
表彰
作文

2017年第22回全国青少年武徳祭 2018.4 春季号

第22回全国青少年武徳祭
作文

2015年第21回全国青少年武徳祭 2015.10 秋季号

表彰
作文
このページの先頭へ